放射能もいろいろ

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

放射能もいろいろ

2011年04月20日
先日触れましたが。


Nirvanawave ではラジウムを使用した製品を扱っていることもあり、放射能についていろいろと調べておりました。

人工放射能と自然放射能の違いについての情報は既にとあるサイトに扱われておりましたのでリンクを以って解説とさせて頂きます。


自然放射能であるラジウム温泉でもDNAへの損傷は発生するものの、人間が持っているDNAを修復しようとする働きが活性化され、かえって修復能力(免疫力)が強くなって健康になるというしくみのようです。

現在問題となっている人工放射能の放射線は種類が違ってくるので温泉のようには行かないとは思いますが、温泉で日頃から自然治癒力が鍛えられている人たちは多少の放射線(内部被爆を除く)には免疫があるのではないかと思えるところもあります。

その免疫は東京辺りで観測されている放射線量くらいなら余裕で対抗できるくらいのものなのではないかと。(内部被爆を除く)

ここで問題となるのは内部被爆。


自然放射能は体には蓄積されませんが、人工放射能は体内に蓄積されてしまいます。
ここが今最も問題となっているわけです。

体内に留まると同じ場所で放射線を出し続けるわけです。
内部被爆と呼ばれているものです。

広島原爆の時には人工放射能が沢山ある環境下にいる人たちの運命を分けたのはその食生活とも言われています。
味噌、納豆、昆布、塩の積極的摂取、砂糖を一切摂らないなど内部被爆に対抗する手段として最近よく話題になっているようです。

体内に入った人工放射性物質に対処し、排出する術があるということです。

また、人の意識差についても興味深いものがあります。
やはり広島原爆当時に食生活だけでは説明の付かないような健康な人たち(子供含)もいたようです。

環境によっては食生活などの対抗手段は必須となるでしょう。
同時に、人の免疫力を大きく左右する心的要因も大きいように思います。

人の潜在意識はどこまで自分自身の身体機能をコントロールできるのか?
現在非常に興味深く思っております。

 カテゴリー : Informationゼロ磁場・波動
nirvanawave at 01:39 Comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

放射能もいろいろ