ATM : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

ATM

2012年12月29日
男女の本質

同棲中の彼氏の給料明細を見てしまった・・・。
http://michaelsan.livedoor.biz/archives/51761478.html

人間なんてこんなもんだろ。

と、

言ってしまうと話が終わってしまう。 w

気持ちは分からなくもない。

愛だけでは飯は食えねぇ〜〜wwww

最近はますます切実な現実が容赦なく降りかかっていますから。

ごもっともです。

で、高度成長期やバブル時代と何が違うんだ?
 


高度成長期やバブル時代にはそれなりに生きやすく未来に希望を描きやすい現実でした。

少なくとも、今よりはぜんぜん余裕がありました。

まともに就職していれば年功序列でそれなりに将来は保障されていたし、右肩上がりの人生設計も現実味がありました。

愛しているという感情だけで結婚を決める余裕もあちらこちらにありました。

そして...

199x年。 日本は懐のお寒い嵐に覆われたwwwwww ...ハァ...(寒)

預金は枯れ、仲の良かった夫婦の愛は裂け、余裕かましていた新興成金は首をくくり、輝いていた青年は鬱となって禿げ上がりEDとなり、就職に失敗した若者は引きこもり、街を歩けば振り向かれる美しい少女までもが援交や風俗に身を落とすようになっていった...

そうして20年余りが経った...

日本人は死滅していなかった!

しかしそこは、ごく一部の将来性のある者だけがウハウハできる弱肉強食の論理が支配する世になっていた。

※ 某アニメだとここで愛を取り戻せという曲が流れる。 w

あれ?

これって、女性の選択肢(¥)が減ったってだけじゃねぇか?

本質はなにも変わってないってw

と、いうことで。

これについて否定する気はありません。

理想と現実を両立させることの難易度がいかに高いかよーく分かりますから。

昔からそうだと思います。

本当の気持ちを押し殺してきたことによる心の問題を抱えている人たちが老齢の方たちにも沢山いるのですから。(夫婦問題とか凄く顕著です)

はっきりしていることは

人間関係にせよ、夫婦・恋人関係にせよ、運勢を生み出す関係と食いつぶす関係の二通りがあります。

資源のあるところに食いつぶしたい人たちが群がっていく。

その先にあるものは不毛...

たとえ資源が十分にあったとしても、資源を食いつぶせば食いつぶすほど心が枯れていく人が多いのはどういうことなのか...資源の前に心が枯れて不毛...

この争奪戦にもいつかは限界がやってきます。

ただ一つ言えることは、未来を切り開くのはあくまでも自分自身ということ。

たとえ誰と切り開こうとも。



関連:

人間なのか動物なのかそこのところ(ry
 


 カテゴリー : 潜在意識創造・願望実現
nirvanawave at 19:19 Comments(0)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「理想の彼氏」はハードルが高い模様  [ 理経済 ]   2015年09月04日 00:20
最近流行の肉食系女子と装飾系男子ですが、理想とする結婚相手についてもその傾向が出

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

ATM : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運