井の中の蛙なんてもんじゃねぇw : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

井の中の蛙なんてもんじゃねぇw

2013年07月19日
蛙

「井の中の蛙」はどこにでもあること。

限定された範囲でのルールや常識を外側から見ると

「それって、とーってもはずかしいぞーー」

というのはいくらでもありますね。

「中の人」は外の状況や情報を得られないわけではありませんから、その気になれば正気を取り戻すチャンスはいくらでもあります。

本来であれば。

「!?」
 


人は事実ではない情報しか得られない隔絶された状況に置かれた時、不安や焦燥感などを感じます。

また、自分にとって都合のいい情報であるものの事実ではない情報で隔離される時、抜けられないほど嵌ることがあります。

いずれにせよ、行くところまで行けば狂って壊れます。

究極的な「井の中の蛙」はそういうものです。

事実とはかけ離れた情報しか得られない状況というのは、人の意識を壊します。

潜在意識で感じている事実とかけ離れた虚構というのは潜在的なストレスを大いに蓄積させるのだから。


「井の外だと思ったら中だったでござる」



壮大な「井戸」を構築するとどうなるか、近くにある国を観察することで理解できるのではないかと思います。

「真実なんてネットで沢山見つけてるぜぇ〜〜ぃ〜〜カーックイィ〜〜」

って、本当にそうですか?

今はそれについて、数年前よりも遥かに難易度が上がっています。

情報における餌と毒の配合比率が絶妙でしてね、「毒」の濃度が年々上がってきていて、ピークが近いんじゃないかと思います。

正確な情報から隔絶された環境に長く置かれた場合に発症する『症状』がこの国にも増えているんですよ。

近くの国に見るサンプルをこの国にも見る確率は高くなってきているように思います。

代表的症例としては、アイデンティティーの豹変もしくは消失による支離滅裂です。


原因が見えれば何とかなる

先が全然見えてこない、未来に希望を組み立てられない等の感覚が酷い場合は正確な情報の欠乏が大きいのではないかと思います。虚構の妄信には陥ってはいない感覚なので全然正常です。

苦しみを伴う閉塞感の原因は『情報監獄』にあると思います。

この監獄は情報の質だけではなく、範囲も相当変です。

一旦これを認識すると自分に対する監獄の魔力は弱まっていきます。

モヤモヤ感がわいてくるような情報媒体への依存を断ち切り、対策を見出していくことで『情報監獄』の弊害はなくなっていきます。

世がカオスであっても未来も意識できるメンタルを取り戻すでしょう。


関連:

観る力

情報の目的

今見ているものは本当にそうなのですか?
 


 カテゴリー : 既成概念パンドラの箱
nirvanawave at 22:55 Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

井の中の蛙なんてもんじゃねぇw : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運