Work file #12 自己消毒 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

Work file #12 自己消毒

2015年10月29日
鏡


依頼者自身を消毒できないか?

そのような要望がちらほら出てきています。

メニューにはないんですが、それらのそういった要望にに対応しました。

「滅菌」というよりかは「調整」です。

理屈としては常在菌まで滅菌したら抵抗力が落ちるということで、一方的な滅菌ではなく治癒能力を高めるといった構図に例えられる対応をしました。

雑菌ごときにいちいち反応するかのうような脆弱さでは何も成し遂げられないということで、

「なぁ〜に、かえって免疫がつくってもんよw」

な路線で対応といった具合です。

メンタルなものに特化した処置ですから、正式なメニューにするには主観的かつ観念的過ぎて今後も裏メニュー的な扱いになるでしょうか。

 

処置の入り口は違うんですけど、結果としては正式メニューが到達するところと大体同じ結果でした。

潜在意識が現実を作っているという前提条件からすれば当然の結果と言えます。

この場合、はっきりとした外敵がいないので、「敵は己の中にあり」ということになります。

それらの処置に共通した結果としては己の中の敵を倒しやすくなり現実の歪みが解消されるというプロセスなりました。

この対応で浮かび上がった「内敵」として興味深いものが2つほどありました、

一つ目は、自分を取り巻く状況が把握できていないために生ずる不安が生み出す妄想が敵となっているというもの

これは単純に「観る力」の増強を柱とすることで安定しました。

二つ目は、自分自身の極めて自然で当たり前の欲求を「悪」と定義してしまっているために「あって当たり前」の欲求そのものが意識の中で敵として振舞っているというもの

単純にそれはただの欲求なので「特定欲求=悪」という概念が崩れることで敵ではない「当たり前のもの」に変換されることで安定しました。

これらはある種の錯覚とも言えます。

認識が歪むことでそれらが本体である自分の意識と乖離して自分の意志に対して攻撃や妨害をしているような状態です。

その状態というのはもう一人の影の自分がいて常に表の自分を妨害しているかのような感覚を顕著に感じているかもしれません。

あまりこれがひどい場合は一旦そういった分離した妨害要因を破壊する必要がありそうですが、基本的に認識を変換させるだけで統合されるようです。

そもそも分離したような感覚そのものが錯覚なので突き詰めると最初から分離してすらいないわけで、統合もしてないというか、勘違いを正すだけです。


※ Work file は個人情報特定不能な範囲で記されたワークレポートです。


関連:

Work file #11 吹聴陰口君

Work file #10 怨霊

Work file #9 モンペの遠因

Work file #8 同情の分水嶺

Work file #7 蓋を開ければ

Work file #6 クレーマー

Work file #5 ブラックホール
 


 カテゴリー : Work file潜在意識
nirvanawave at 23:28 Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Work file #12 自己消毒 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運