2012年11月 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

2012年11月

メビウスセラミック レポート85

別ウインドウで開く
2012年11月27日
メビウスセラミック Beauty ユーザー様より

※個人情報編集(抜粋)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

以前購入したことのあるスピ系の波動グッズは割にすぐ抜けてしまう
感じでしたが、それならばまだ子供だましなだけ良い方で、
やはり病気がちなところの好転を願って購入した物はある意味効果が
あったのでしょうか、最初は良いかもと感じたのですが、
やがて物陰にびくびくするようになってしまい、これはやくざ屋さんか
闇金融の手法じゃないのか(借金したら利子の取り立てがすごかった
・・・みたいな)そんな経験をしつつ、なのに、その後も懲りずに
色々やってみましたが、
現在、セラミックさんに出会えて非常にありがたく思っています。

(愛知県/女性)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Nirvanawaveより

Nirvanawave 製品はイカサマ無しです。
馬鹿正直すぎるほどの仕様にこだわっております。

世の中には追いはぎのような危険な代物もあるようです。



関連:

メビウスセラミック レポート5
メビウスセラミック レポート6
メビウスセラミック レポート7

メビウスセラミック
実に興味深い報告
 


 カテゴリー : Informationゼロ磁場・波動
nirvanawave at 16:24 │Comments(0)TrackBack(0)

メビウスセラミック レポート74

別ウインドウで開く
2012年11月27日
メビウスセラミック Beauty ユーザー様より

※一部個人情報編集
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こんにちは。

昨日、郵便受けに届いていました。
どうもありがとうございました。

セラミックが無いと、ダメなようで
前回作っていただいたものの効果が切れてから
気が付いたら肩こりが酷くなっていて、他にも色々・・・
たぶんメンタル部分でも色々。

封筒を開けたら(体感的に)部屋がぱーっと
明るくなった感じがして、驚嘆しました。

慣れてくると分からなくなってしまうものだなぁ、と
思いながら、今度は途切れる期間が無いようにしようと
強く思った次第であります。

生活用品のように使う、とおっしゃっていただきましたが
プロテクト要素を期待して、守ってもらう、助けて貰う、
という意識が強くて、色々試してみたつもりはありますが
打って出るまでには至らなかった気がします。

依存になってしまうと不味いのではないかと思いつつ
もの凄く仕事をしてくれるセラミックさんと
また過ごしていけると思うと、この感じを一言でいったら
安心した!となります。

一晩で肩こりが軽減し、胸元が詰まる感じも同じく良くなりました。

変化が微細(鈍感なのかも?)なので見逃しがちなのかも
知れませんが、頼もしく思います。

ではでは、今回はこちらから失礼しました。
ありがとうございました!

(愛知県/女性)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Nirvanawaveより

セラミックがやっているようで実は自分の潜在能力が働いているということを意識することによって、セラミックが無くても出来ることが増えていきます。
そういった経験が増えていくことで、セラミックはお守りではなく前進するための道具としてより一層活用の幅が広がっていきます。



関連:

メビウスセラミック レポート4
メビウスセラミック レポート5
メビウスセラミック レポート6
メビウスセラミック

 カテゴリー : Informationゼロ磁場・波動
nirvanawave at 15:30 │Comments(0)TrackBack(0)

予言などいらない。

別ウインドウで開く
2012年11月21日
お断りします。

はっきりと断言します。

予言はそれを起こしたい人が言っているだけです。

予言を信じることほど馬鹿げたことはありません。

予言を信じるなど、狂った願望に沢山の人を巻き込みたい頭のおかしい人に振り回されているだけの愚かな立場です。

特に、破滅願望を予言と称して叫び続ける狂った人の言葉を信じるなどもってのほかです。

未来は創造するものです。

予言ありきで考えるのなら、望む未来を思い描くこと自体、無駄なことでしかなくなります。

運命は変えられるというのは確かなことです。

由緒があるとされる過去の予言も実際にはどんな輩が書いたのか、今生きている人間がはっきりと分っているわけではありません。

誰もが運命を自由に変えるのが気に入らない頭のおかしい人が予言を書き残しているかもしれません。

死後までも注目されされたいほどに偏執的な超絶かまってちゃんが偉そうな予言を書き残しているだけの事だってあり得ます。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 潜在意識創造・願望実現
nirvanawave at 00:38 │Comments(0)TrackBack(0)

三人寄れば文殊の知恵

別ウインドウで開く
2012年11月20日
俺にどうしろと

人が集まりすぎると腐敗が起こる。

矛盾しています。

腐敗が起きる要因を排除すれば文殊の知恵は機能します。

単純なことです。

誰が優位に立つかという下らない考え方を捨てればいいんです。

そういう下衆な根性が知恵を曇らせているんです。

どうしても調和を乱す人もいます。

それは高度な情報を共有することでそういう人が好き勝手出来ない雰囲気を作りセキュリティーを強固に高めることにもなります。

高度な情報を一人一人が持つことは一人一人が問題を見抜く力を持つことになるからです。

特定の誰かが有利になるだけの状況は脆弱で長くは続きません。

一人一人が力をつけた知恵の集合体は非常に強く長く続きます。

一人一人の力は弱く誰かが倒れても、時に集合体がダメージを受けることがあっても、集合体によって練り上げられた高度な知恵は依然として存在し、全体が潰れることなく知恵と共に集合体は続いていきます。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 既成概念実戦・解析
nirvanawave at 00:18 │Comments(0)TrackBack(0)

信念てなに?

別ウインドウで開く
2012年11月10日
お前なんか勘違いしとりゃせんか?

信念を持つことは強い意志を持つことです。

それは良い場合もあればかえって自分自身を縛る結果をもたらすこともあります。

信念が正確な洞察に基づいた認識そのものであれば自由を増進させる傾向にあり、正確ではない認識による思い込みであるなら自由を損なう傾向にあると言えます。

前者は信念のようで信念ではない何者にも縛られない自由な立場であり

後者は固執とも言える思い込みに縛られた不自由な立場です。

ありのままを何の色眼鏡もかけずに見ることは、あらゆる既成概念から解き放たれた状態でのみ可能です。

見えている世界は事実そのものであり、信念を持たずして強い信念を持っているかのような迷いのない自由な意思の行使が可能となります。

一方、事実に基づかない思い込みはそれよる矛盾と対峙する結果となり、いつしか信念が崩されることを極度に恐れ、信念を守ることのみに振りまわれされる自由とはかけ離れ、恐怖に取り憑かれた迷い多き立場となります。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 既成概念潜在意識
nirvanawave at 01:32 │Comments(0)TrackBack(0)

常人が強くなるということ

別ウインドウで開く
2012年11月09日
気を確かに

タイムリーなところで

常人は感情を完全に切り捨ててコンピューターのような正確さで現実を手際よく処理し切ることは出来ません。

だからこそ「人間」です。

一方、人の心を持たない輩はそれが出来る。

感情を持っていないというほうが正しいかもしれない。

人の皮を被った悪魔というべき存在は実に存在します。

その「悪魔」は必ずしも悪そうには見えません。

むしろ、良い人にすら思える皮を持っています。

そして、その頭脳は平均以上の高さであることが多いようです。

ここで問題があります。

現実を見る限り、「人間」は弱すぎるということです。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 実戦・解析既成概念
nirvanawave at 01:48 │Comments(0)TrackBack(0)

論理と感情の狭間

別ウインドウで開く
2012年11月07日
騙されやすいのね

脳は他者への共感と分析的思考を両立できない
http://science.slashdot.jp/story/12/11/06/041257/

当ブログで度々リンクしているエナジーバンパイアの事例を見ると、感情論から共感を引っ張ろうとする「手法」が散見されるのは、こういった脳の仕組みを本能的に悪用しているって事なんですね。

エナジーバンパイア云々を抜きにしても、狡猾に人を利用するのがうまい人は大体これ。

感情論というか、ナァナァというか、妙な方向に話がそれて、大事な話が出来ていないような気がする時は決まって論理的思考がまともに働いてない。

相手の 判断能力を失わせて自分に有利に物事を引っ張ろうとする人たちはこの辺をよくわきまえている。

変に持ち上げる接待的なものとか、美人局的なものとか、ぜんぜん珍しくもないよくある話ではありますが。

これには計算ずくも本能も両方の使い手がいるわけで。

「さっき話していた自分」と「落ち着いて状況を分析している時の自分」がまるで別人のように感じることがあるのはこのことだったのね。(笑)

この仕組みを今日始めて論理的に考えているわけですが、割と自然に対処していたらしい。

って、振り返ると結構危ない橋渡ってたかもしれない。(笑)
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 実戦・解析既成概念
nirvanawave at 14:15 │Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運