2014年03月 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

2014年03月

共依存の標本

別ウインドウで開く
2014年03月29日
「・・・」


メンヘラパラサイト女に家閉め出された
http://vippers.jp/archives/7605400.html

特に解説する気もないんですけど、タイトルどおりです。

創作にせよ実話にせよ、よく出来た標本だったもので。

被害者にも被害者になるだけのことはありすぎる様相が拾いようのないボケ状態いうか。


そういえば、この手の問題に対処する「くらしの消毒屋さん」もとりあえず始めたんだっけ。

ま、自分で対処できないから依頼してくるというシチュエーションが当然だからうちにも関係なくはない。

ということは、拾えないボケをあえて拾うというのもありえるのか。

この手のモンスターを追い出して沈静化させること自体に関しては技術的に問題はないんだけどね。

いや、対処する側からすると意外と面白いかも。っと、不謹慎なことを妄想してみた。(笑)
 


 カテゴリー : 雑記
nirvanawave at 02:55 │Comments(0)TrackBack(0)

選択肢の分岐点4

別ウインドウで開く
2014年03月26日
見ない言わない聞かない。

未来を方向付ける可能性は理論上は無限にあります。

また、事象が現実化する瞬間まで確定した未来と言うものも理論上は存在しません。

定めとか予言とか、そういったものには理論上は根拠が微塵も存在しません。

全くニュートラルな前提で言うと、運命じみたものに根拠はありません。

人間の意識は一瞬一瞬の選択によって未来を具現化させています。

人間がニュートラルではないオプションまみれな状態で言うところの不自由を以って「運命」とか呼んでいる訳です。

それはオプションに選択を強要されているだけのことで、実際には選択肢の本質とは関係ありません。

この「オプション」は多くの場合、選択肢の大海原の真ん中にぽつんと浮かぶ奴隷船のようなものです。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 既成概念創造・願望実現
nirvanawave at 16:48 │Comments(0)TrackBack(0)

本物ってなに?

別ウインドウで開く
2014年03月21日
お前の中ではな。

人の意識は流動的に変化し続けていくのが常。

諸行無常というやつですね。

仮に「いい物」があったとして、それは「いい物」に違いないんだけど、それを認知する人がいない場合、それはただの物。存在しないのと同じ。

「いい物」に固執する人の姿を見て、その人が持っている物が「悪い物」もしくは「どうでもいい物」として認知されるという話は沢山あります。

これはどういうことかと言いますと、「いい物」の扱いが「本物」の場合そういったことにならないで正しく認知されるということです。

本物は時代の変動に関係ありません。

本物でないと時代の変動に振り回されて足場を失います。足場を失った結果、「いい物」に固執して見苦しい状況に陥ります。

「いい物」だけがアピールポイントで、「本物」であることがアピールポイントではないからです。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 雑記
nirvanawave at 21:46 │Comments(0)TrackBack(0)

波動画像について。

別ウインドウで開く
2014年03月20日
結構長いことメンテしてないです。

「そんなことやってる時期じゃない」 っと、心の声が。(やめるとは言ってないから)

で、どんな時期?w

誰でも確認できる事象としては集合意識レベルで希望を認識できるポイントが減り続けていると言ったところ。(多数派はディスインフォに振り回るのがデフォでしょうし)

傷火税とか、茶番臭い狂威とか、裏の思惑見え見えの無駄な締め上げとか、プラスの可能性減少をイメージさせるディスインフォが(意図バレバレで)増え続けているというところ。

そういった大衆心理の流動の状態によっては「サプリよりカンフルだろjk(常識的に考えて)ガツンと行ったほうがよくね?」という感じになるよね。(とばっちり避ける的な意味で)

私からすると、あぁ、ああ、まただよ。という感じなわけ だ が 。

今はカンフル(強力)的な方向に自身の関心が向かっているんだ。(それなりに楽しいがw)

仮に良い方向に急激にシフトする場合でも多数派の(ざわめき的な意味で)意識流動は一時的に避けられない事象なんで、いずれにせよカンフル(超強力)が必須的な。

規模的に「騒ぎは他でやってくれ」とも言えない訳で。


そうそう、波動画像。

一つ一つメンテしてる余裕がないからふと思いついた方法で一気にメンテする方向に。

究極の手抜きにしてこれまでよりも良くなったら胸熱。


一括メンテが終わったらまた告知しますです。
 

 カテゴリー : Information波動壁紙
nirvanawave at 00:55 │Comments(0)TrackBack(0)

認識が投影するもの。存在。4

別ウインドウで開く
2014年03月19日
トラのつもり


米国の理論物理学者、ロバート・ランツァ氏(ウェイク・フォレスト大学)は量子物理学を使って死後の世界の存在を証明した。 http://japanese.ruvr.ru/2013_11_17/124545491/

これは「認識」する人が誰もいなくなると「存在」しなくなる理論。

何が言いたいのか分かるわけですが、認識というもの自体は記憶というのと違って(例えば天動説とか)簡単に書き換えたり出来ないので変わりません。

「認識」が生活にどう影響しているのかというのは結構突き詰めた検証が必要なわけです。

実は、人間関係とかの場合「認識」というやつが非常に影響力があるんですが、日常的過ぎてあまり意識されません。

人間というのは自分を認識する足がかりとして、どうしても自分以外の人と認識し合うというプロセスを省いては自分を認識できません。

例えば。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 潜在意識創造・願望実現
nirvanawave at 17:43 │Comments(0)TrackBack(0)

春一番も吹いたところで。

別ウインドウで開く
2014年03月19日
うち(関東)では春一番。

春と言うと心踊る訳 だ が 。

この季節が時代の雰囲気にそぐわねぇ〜〜〜wwwww

そぐわねぇ...


だから、ぱぁ〜〜〜っといろいろ企画してみました。(サイト掲載中)

ブラウザによっては最新の状態が表示されにくいようなので更新(F5キー)すると表示されます。


時代と言うのは時間の流れ...時空の周波数とも言うのかな。

集合意識の状態とか量子云々とか、時代は固有の波動を持っています。

それって言うのは、人々の意識とかに大いに負荷をかけたり軽くしたりしている訳です。

当然、うちの製品もそういった時代の波動によってキャパシティーが変わってくるからとても時代に敏感に気付いたりするんです。


それで今は...やめだやめだ!暗い話題はやめだ!


ということで、セラミックはそれに対抗して全部最強にしました(笑)

過剰設定についてずっと神経質にやってましたけど、

「 手 加 減 不 要 で お k 」

と、判断。

今やらなくていつやるのか!

と、春らしくぱぁ〜〜〜っと行きます。


最近始めた消毒屋さんも漏れなく例外ではなく、容赦ない半端無い勢いでヤルつもりです。(笑)


他にも、ヤケクソ? なくらいの気合入れた企画もあります。


何か来月は傷被税とかいうのが論理矛盾満載なまま強行されるとか、怒り満載なんですが。ええ、どういった裏があるか知ったら誰でも激怒すると思います。(余談)


こういう下降的な時っていうのは逆の上昇的というか、ぱぁ〜〜〜っとするのが多分正しい。うん。

ほぼ直感なんですけどね。



 カテゴリー : Informationゼロ磁場・波動
nirvanawave at 02:32 │Comments(0)TrackBack(0)

認識が作っているもの。4

別ウインドウで開く
2014年03月18日
やらせ

インドでは奇跡が起こりやすいと聞いています。

特に一昔前は尋常じゃないレベルだったようです。

ところが、インドの超能力者が日本に来ると奇跡が起こせなくなったりするようです。

これは簡単なことです。

その土地のフィールドを作っている集合意識の認識が違うからです。

これは、現実とか常識、法則と言ったものの根っこはそれほど強固ではなく、人の意識によって揺れ動く非常に不安定なものであることの証左ではないかと思います。

パソコンがソフトを認識すればソフトはその仕様を発揮し、認識出来ないもしくはエラーによって認識にズレが生じたらその仕様が発揮されないのに似ています。

現実というもの自体が人に認識されているか否かという違いで大いに変わってくる側面を持っています。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 潜在意識創造・願望実現
nirvanawave at 17:23 │Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運