2014年11月 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

2014年11月

強制好転シフト(してやったり)

別ウインドウで開く
2014年11月28日
地雷

実に見事に都合よくシフトを成就されたようですね。

http://blog.livedoor.jp/love120331/archives/41417915.html


強制好転シフトというのは基本的に上記リンクの構図と同じです。

ここまで分かりやすいのは珍しい部類でしょうか。

こういった変化は深層心理に由来するところが多いため、好転の自覚なく始まり時間が経ってからその意味が分かることが多いようです。

世の中そのものも似たようなところがありまして、私の目線からは好転シフトに必死で抗い続けてシフトしない状態を維持している社会に見えるわけですが。

呆れるほど好転シフトに抗う技術を極めた社会にしか見えないといいますか。

世の中は好転シフトを理解できず尋常じゃないレベルでシフトの先を恐れているようです。

というか、好転した先で不利になる人たちが抗っているというか、現状は社会的に力を持っているということなんですが。

今不利な人たちがそれに倣う必要ないんですけど、必死で好転を放棄し続けながら倣ってますね。

好転の過程は楽じゃないですが、好転拒否を続けるほうが遥かに最悪なのは確かなこと。


関連:

強制好転シフト
 


 カテゴリー : 潜在意識創造・願望実現
nirvanawave at 23:34 │Comments(0)TrackBack(0)

思いと言葉

別ウインドウで開く
2014年11月21日
ムスッ

ふと、昼食を外に食べに出かけた時のお話。

店に入り、メニューを眺める。

最初に見たものが強く印象に残ったのだけれど、気が変わって別のものをはっきりとオーダーしたんです。

持ってこられたものが最初に印象に残ったほうだったわけですが。

こういうことはたまにあります。

これは自分が実質的に心の中で描いているものと表面上の行動の差異を自覚している場合に認識することのできる事象です。

思いが強い場合、表面上の行動よりも思いの影響力が強くなって周囲の人が影響を受けるという現象。

これというのは、多くの人が欲しがっているお金についても応用が可能なんですが、そんな単純でもないです。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 雑記潜在意識
nirvanawave at 01:16 │Comments(0)TrackBack(0)

未来は常に確定していない。

別ウインドウで開く
2014年11月19日
あ...ハズレ

運命によって人生が固定されたような感覚は錯覚です。

人間の意識は常に無数の選択肢から選択し続けています。

常に「選択」可能であることに疑いの余地はありません。

選択の自由意志を拘束するものがあるとすれば、運命などではなく恐怖や不安であろうと思います。

月曜日に会社に出勤するという選択肢もあれば逆方向の電車に乗って野山を散策しに行くという選択肢が存在していることは確かな事実です。

不安や恐怖を感じない人がいるとすれば選択肢が常に無数に存在していることを確認できることでしょう。

会社をサボることによって受ける不利益を感じないでしょうから。

問題はより有益な選択に気付かずに固定化する何かです。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 潜在意識既成概念
nirvanawave at 14:04 │Comments(0)TrackBack(0)

あのマシーンの2

別ウインドウで開く
2014年11月11日
またなし崩し的に開発スケジュールが動きました。

例のごとく、

「あれどうなりました?」

という問い合わせから始まるパターン。

毎度のことです。

とりあえず軽く予告していた小物グッズの関係は後回し。

需要があって発生するというのはナチュラルですから良い傾向です。

需要なんてないところからゴリ押しで無理矢理需要を発生させるより遥かに健全ですからw

実質的には開発というよりかは既に決まっている改良なんですが、ダラダラ先延ばしになっていたところを前倒しにする感じです。

そう、インフィニティーです。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 雑記
nirvanawave at 02:06 │Comments(0)TrackBack(0)

ホラーな因果応報

別ウインドウで開く
2014年11月11日
なんてみじめであわれな生物・・・

http://www.kekkon-sokuho.com/archives/41828107.html

2chもだいぶ創作が増えてきまして、

コンテンツの価値が下がりつつあるのが残念なのですが、

なんとなく抽出してみました。

今回は趣向を変えてホラー系で。

ま、こういうこともあるでしょう。(上記リンク先)

全くこういうことがなかったら地球は糞星っていうことになってしまうわけで、少し安心したりするわけですが。

先人の清い人たちが言ったことが全て嘘っぱち確定じゃキチガイもん勝ちで洒落になりませんから。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 実戦・解析
nirvanawave at 00:49 │Comments(0)TrackBack(0)

ニルバナはストイックなのか?

別ウインドウで開く
2014年11月07日
このブログではしばしば男女のドロドロネタを取り上げ、否定的に茶化した記事を書いたりしているわけですが、その他は硬派な記事もそれなりに書いていることもあって敷居の高いイメージがあるようです。

実際のところ、ドロドロネタは深く分析し実践的に分析成果を確かめ単純な好き嫌いで片付けてないことからして、ストイックというか潔癖症とは明らかに違うところ。

ストイックを決め込んでいる同業者(その他近い業者)がドロドロに触れると、いわゆる「氣受け」して巻き込まれたり、クライアントを洗脳して問題が摩りかえられたり、感情的に「キー!!!」となったり、蓋を開ければ正体がドロドロだったりと、使えなかったりするんです。

ドロドロに切り込む以前といいますか。

ドロドロ専門の同種業界もありますが、ニルバナはそれとは完全に一線を画してます。


実を言うと、ニルバナはドロドロ関係に平然と切り込むことがあります。

「くらしの消毒屋さん」にはその手の依頼がたまにあります。

形式的な加害者が真の原因から見ると被害者だったりすることがありますから、そこいら辺を看破してバランスを正常化させてます。その過程ではドロドロ自体に全く気にしてないというか、バランス計算しかしてないです。

もちろん明らかな加害者はお断りしますが、そういった依頼は来たことないです。(引寄せてないというか)


「闇は完全に見抜かれると消え去る」


という発想なので、実際はこのプログからは想像の付かないことに介入するのは私としては珍しくなかったりします。

個人情報関連を意識するのが面倒なのでそういった記事を書かないだけといいますか。

実はニルバナはドロドロを平然と取扱い淡々と処理する一面を持つのです。

「闇に対する耐性」にこだわってきたニルバナがそれを取り扱わないはずはなかったw
 

 カテゴリー : 雑記
nirvanawave at 18:44 │Comments(0)TrackBack(0)

パラレルワールドがオカルトではなくなる時。

別ウインドウで開く
2014年11月02日
問題難しすぎた

いわゆるパラレルワールド。
http://himasoku.com/archives/51872858.html

大体こういう類の発表は

「本当のことを世間に晒した場合どういう反応があるのか?」

という実験を兼ねて発表されることがあります。

この手の 「実験としての公表」 は時々あります。

「オカルトwwキチガイwwwww」

とか言う大衆の代表面した人たちはそれが科学の分野で 「大真面目に予算が投入されている何か」 ということを推理する知能がないようです。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 既成概念時空
nirvanawave at 23:53 │Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運