2016年06月 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

2016年06月

多元ホログラム

別ウインドウで開く
2016年06月29日
勘違い


自分が自覚している自分と他人が見ている自分は違う。

自分が見ている他人と他人が自覚している他人も違う。

物事の認識は人の数だけあります。

それらの認識は各々の信じたいものとなるわけです。

一時的には事実とは違う錯覚めいた現実が現れたりしますからトリッキーな仕組みがあるんだと思います。

明々後日な方向の妄想に他人が事実とは違った仮の反応を示したりしますからね。

この世は幻なんていいますが、それは正しいです。

むしろ幻で均衡を保っているわけですからこの世は奇跡のワンダーランド。
 
≫≫続きを読む≫


 カテゴリー : 既成概念
nirvanawave at 23:59 │Comments(2)TrackBack(0)

もう少しなんだ。(笑)

別ウインドウで開く
2016年06月28日
特定しますた


ネタとかをまとめサイトとかから引っ張ってくることがよくありますが、創作が増えすぎたような。

実話と思しきものを選んではいますが最近は全般的にオモロナイ。

数式とか謎は解くまでが盛り上がるわけです。(旅行とかは準備するところが最も盛り上がるみたいな)

なぜ世の中の不条理が云々とか、もう少しで解けそうなそんな感じ。

それを解いたからといってどうってことはないです。

知り得た理屈を誰かに伝えたからといって伝えた相手が根本的に変わるとかはないです。

この世は彷徨ってナンボな特性を持っているのでそんな簡単ではないわけです。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 既成概念
nirvanawave at 23:07 │Comments(0)TrackBack(0)

豚小屋

別ウインドウで開く
2016年06月24日
バーコードブタ


ブヒーィ〜〜〜〜〜!!!
(餌〜〜〜〜〜!!!)

豚小屋の(真の)オーナーや外の世界...それどころか豚小屋の実態についてすら無関心。

知ること、考えること、見出すこと、行動すること...

泣き喚いて文句垂れるだけで自分たちで状況を変える責任を是が非でも避けるというのでは家畜と同じです。

ヤク中のように現実を認められなくて妄想を事実のように確信している豚よりも始末が悪い人が増えすぎているような気もします。

「おらっちの肉は高値で売れるとほめられたよ〜〜はははは〜〜」と悦に浸ってやがるのもいるようだ。


家畜のあずかり知らないところで世界がカオスっている今日この頃。

人のせいにするところに良いことなど訪れません。

需要と供給。

騙す奴に利益を与えた奴も大概だ。

自分が蒔いたタネを認められるようになって本当の修復を始めることが可能になる。


関連:

確証バイアス

よいこのぜんとあく

魔法の言葉

常識教

Monkey slave
 


 カテゴリー : 雑記
nirvanawave at 16:38 │Comments(0)TrackBack(0)

ダメ!ゼッタイ!(笑)

別ウインドウで開く
2016年06月23日
ショボンねこ


【衝撃】「うつ病」は薬を売るための病名だった!?実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている
http://tome-uto.com/archives/1058643714.html

騙される奴が悪いというのは一理あるけれど、藁にもすがる思いで困っている人を確信犯で騙す奴はかなり悪魔なわけですが。

というよりも根本的には悪化するだろこれ。

酒の大量摂取にも言えるんですが、こういった化学反応に依存するというのは「根源」とのリンクをダメにする結果を招きます。

ニルバナ的発想からいうと、(魂を持っている場合)人というのは意識の根源に泉のようなものがあります。それは無限とも表現できますし、自家発電とも言えます。

単なる脳内物質の分泌とは次元の違うレベルの話。

可能性とかエナジーを吸われたとか取り返したとか補充したという次元を越えたレベルに根源があります。

枯れたエナジーを補充するとか取り返すことで元気になるというのは初歩的なお話で、「根源」からすると、そうやって調達したエナジーはエンジンのセルモーターを回すバッテリーに過ぎないレベルのお話だということを心の片隅に留めておくと大きな何かを見つけられるかもしれないしそうでないかもしれない。


関連:

エナジー調達
 


 カテゴリー : 既成概念
nirvanawave at 13:51 │Comments(1)TrackBack(0)

確証バイアス

別ウインドウで開く
2016年06月20日
思い込み


今日(6月20日)の満月は夏至直前。人々に狂気や幻覚を呼び起こすと占星術師が警告
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52219983.html

へぇ〜 確証バイアスっていう言葉があるんだぁ〜


これのおかげで人類がなかなか進歩しないんだよねぇ〜

事実に合致した情報を正確に吸収するのはある意味メンタルが強くないと大変なのは分かるんだけど、なんだかなぁ〜

なんでも不吉な云々のせいにするのとかやっぱり土人だよねぇ〜

人間というのはそういうのを覆す力を持っているのを否定するわけだから、それ否定しちゃったらサルと変わらないよね〜

認識<<<<<|越えられない壁|<<<<<<<信じる

は人のサガなのか?

バックファイアーなんていうのが社会では常態化してますから、そういう間違いのないAIに仕事取られる人とか今後大量に出そうな予感。


関連:

事象の収束っていうのかな?

長期記憶再構築

予言などいらない

パラノイアモンスター
 


 カテゴリー : 既成概念雑記
nirvanawave at 22:03 │Comments(5)TrackBack(0)

日本昔話?

別ウインドウで開く
2016年06月19日
寝て入間に


電車内で居眠りしていた女性を自宅アパートに監禁 http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20160619k0000m040115000c.html


>監禁の動機や手口について栗田容疑者は黙秘しているという。

この一文に物騒かつ闇深トリッキーと思ったんだけど、

これ書きながらすぐ分かった。

平和ボケ泥酔が意識のない状態でついていっただけという落ちじゃないか。

これまでリスクマネージメントほぼゼロでやってこれた日本がそもそも特殊だったということです。

まぁ、それぞれが本当の意味で成長し自立することが必要な時代だから特殊な守りが薄まるという流れも感じるね。

どのみち全体的な底上げが出来ないと国として維持するのが大変な世界情勢になっていることからして当然の流れ。

隕石を破壊するテクノロジー開発が先か、隕石が落ちて滅びるのが先かというチキンレース的な感じの。

最近請け負った案件とか、日本のそういう時代を感じる内容だったかな。


関連:

リスクマネージメント
 


 カテゴリー : 既成概念
nirvanawave at 19:05 │Comments(2)TrackBack(0)

可能性の果て

別ウインドウで開く
2016年06月19日
泥棒カラス


夢破れて山河あり。

2014年くらいですか、それ以前に存在したタイムテーブルが書き換わったと思しき状況があったのは。

2011年〜それぐらいの期間に壊れた人たちが増えた感じがします。

滅びた屋敷に住み着く自縛霊のような心理状態に陥った方々の時系列をいくつか確認しています。

確実な根拠はないけど無くはない可能性に賭けてキラキラ輝いていた人も今はゾンビのようです。

あれです、故意に失敗させられて憎む対象がいる人の方がマシというか、何が起こったかわからなくて空中分解した感じですね。

そもそもそれは「分からない」ではなく「知る気がない」ことに起因するわけで同情できないんですけど。
 
≫≫続きを読む≫

 カテゴリー : 雑記
nirvanawave at 15:36 │Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運