音質が向上! メビウスライトユーザ様より(3)

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

音質が向上! メビウスライトユーザ様より(3)

2009年09月19日
メビウスライトRainbow のユーザー様よりメールです。
プライバシーに関する部分を除き複数のメールから抜粋。


Report------------------------------------------------------

到着後、いろいろと試してみまして、ある程度結果が出たように感じます。
以下に簡単ながら、結果をご報告させていただきたいと思います。

まず、もともとNirvanawaveさんのサイトの音楽ファイルの変化の
実験でメビウスライトの購入を決めたので、自分でも音楽ファイルを
いくつかメビウス処理して聴き比べてみました。
楽曲は、(1)五木の子守唄(非常に物寂しい曲です)
(2)マオリの子守歌(かなり静かで優しい感じの曲)
(3)声明音楽・理趣経(読経と音楽が不調和な曲)
の3曲を、変化がよくわかりそうだということで、選びました。

方法は、CDを直接メビウス処理するのではなく、2つのUSBメモリに
3曲分のWMAファイルをそれぞれコピーして、メビウスライトの光を
5分間照射したメモリと未照射のメモリ内の曲を再生し聴き比べる、
という形にしました。

結果的に、メビウスライトの光を照射したWMAファイルは、高音域・
低音域とも限界域に近くて弱々しかった音がクリアーに聴き取れる
ように変化しました。
それにより、(1)五木の子守唄は、雨の降る夜道を歩いているような
寂しさが薄れ、星降る月夜の道を散歩するかの如きムーディな印象に
変わりました。
(2)のマオリの子守歌は、もともとあった弱々しさが消えて、堂々と
胸を張った母親が我が子に歌い聞かせているような印象になり、
2曲の子守唄は、あまり眠れそうもない歌になってしまいました。

(3)の理趣経は、原盤では読経の声に対して伴奏の音楽が唐突すぎ、
あまり完成度が高くない感じでしたが、メビウスライトを当てた方は、
読経の声が力強く朗々と響くようになり、音楽に負けていないため、
両者の調和度が上がって聴きやすくなりました。

なお、メビウスライト照射USBメモリは、実は5分間照射のものと、
15分間光を当てたものの2種類を用意したのですが、これらの照射
時間の違いによる音質の変化を聴き分けることはできませんでした。


ちなみに今夜は、「ホ・オポノポノ・ソング」というCDに
今回は直接メビウスライトの光を当てて聴いております。
(ハワイの秘法「ホ・オポノポノ」の謂れなどについては、
既にある程度ご存知であろうと思量いたします)
この曲は音楽家一家の父、母、娘の三人がコラボで歌っている
作品ですが、やはり年齢的なものにより、父母の声に艶が乏しく、
娘の声に負けているように感じました。
不調和というか、娘のソロの方が良かったんじゃないの?と
正直思っていたのです。
しかし、CDをメビウス処理後は、父母の歌声の力強さが増し、
娘の声はより伸びやかとなり、調和した印象に変わりました。

Report end--------------------------------------------------

Nirvanawaveより

再生機器に関わらずCDを機器に乗せるだけで臨場感など向上するようです。

レポートのご報告に心より感謝いたします♪


 カテゴリー : Informationゼロ磁場・波動
nirvanawave at 20:11 Comments(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

音質が向上! メビウスライトユーザ様より(3)