創造・願望実現 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

創造・願望実現

リソースの回収

別ウインドウで開く
2017年04月02日
しまじろうに



的外れに投資した意識のリソースを回収する場合の視点。

最も重要なのは「差分」です。

期待はずれ、紛らわしい、騙された といった事象に至るまでに自分が信じた理想があります。

理想と結果の差分に比例して意識のリソースを投資したと言えます。

また、の差異によって生じた失望感や怒りといった感情もこの差分に比例します。

この差分こそ意識の損失になるわけで、当然のことながら多くの場合不快感が生じます。
 
≫≫続きを読む≫


nirvanawave at 12:20 │Comments(0)TrackBack(0)

リソース回復

別ウインドウで開く
2017年04月02日
あ...ハズレ


リソースとは、処理能力のキャパシティーとも言えます。

この世は幻という表現がありますが、目に見えている事象はほぼ虚構であり、「当たり」は非常に限られ、大多数の人々はイカサマパチンコ台に有り金を全て投げ捨てるに等しい意識リソース投資を行っていると言っても過言ではありません。

精巧な贋物を売る露店が無数に立ち並び、大声で狡猾なセールストークが飛び交う中から本物を見抜かなくてはならないような状況にも似ています。

更には、どう見ても使い物にならないパチもんに喜んで投資するような理解に苦しむ感性の方々も信じられないほど沢山いるようです。

当然のことながら、意識のリソースが空っぽに近い状態の人たちが沢山発生するわけです。(特に今は)
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 09:26 │Comments(0)TrackBack(0)

ちみの名は?

別ウインドウで開く
2017年01月19日
なんだちみは


なんだちみは?...ではなくて、なんだ君は?でもなくて、

「君の名は。」という映画が去年流行ったようですね。(ちと古いか)

今の雰囲気であの内容が流行るというのは宣伝戦略の事情なのか本当に需要があったのかはよく分かりません。

多くの人が感じていることが内容とリンクしているとも言えなくもないのかな?

あるけどないもの、ないけどあるもの。

ただ、はっきりしていることは未来への流れが崩れるときは簡単に崩れるということ。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 01:11 │Comments(0)TrackBack(0)

観る力(科学的根拠)

別ウインドウで開く
2016年12月12日

オカルトwwwwwwとか言ってる人たち息してる?wwwwwwwwww

時代はここまで進んでいるんです。

人間が「観測」することによって物理的に影響を与えているという事実が科学的に証明されています。

未だに意識の力をオカルト扱いしている人たちが原始人の仲間入りをする日は近いでしょう。

なんだかんだ言って大国が超能力研究に巨額の予算を使っている事実からして、実用に足ると判断されているからそうなっているわけで、自称知性派の否定論者の方々は既に時代に取り残されているということです。

そういった方々は今後、進歩の足を引っ張る側の立場でしかなくなるということ。

実際に普通の人が使えるようにするとしたらどうなのか?
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 15:13 │Comments(1)TrackBack(0)

波動は波ですから。

別ウインドウで開く
2016年11月04日
久々の波動話題。

って、波動扱ってるのにゾンビとかバンパイアとかそんなんばっかり書いてますけどw

こちらが本業です。(笑)

波動の本質は周波数(振動)なんですけど、振動なだけに音を介してハドー!すると、増幅することがあるという認識はずっと以前からありました。

ニルバナをやる前はクソやっすいPCスピーカーを体感的に「聞ける」ようにしてそういうやっすいスピーカーばかり使ってました。

その後もスピーカーは気にしてませんでしたが、数ヶ月前さすがに無理があると感じて1万円くらいのものに取り替えてみたら、波動だけではカバーできない物理的事情があるwwwwwというのを実感しました。(当たり前です)

波動無しだと3万くらいかけないとちゃんと音を表現しないと思うのでコストパフォーマンスはいいと思います。

で、音を介して波動するというお話ですが、

  ≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 21:37 │Comments(2)TrackBack(0)

現実に結ぶ。

別ウインドウで開く
2016年09月28日
余裕こく


精神的な活動やエネルギーワークといった意識に関する取り組みというのはその表層の恩恵に囚われ常に取りこぼすという問題がついて回ります。

セラピーによって楽になった場合においても楽になることが最終目標となっていて、その先を取りこぼす例が後を絶ちません。

瞑想などでは近年、その効用が認めれ一部で浸透しつつあるわけですが、それはストレスの軽減や身体的なメリットがクローズアップされることが多いようです。

スポーツなどではイメージトレーニングの有効性が実証されて久しいですが、精神と現実を同期させ実用的に使うという意味では取りこぼしの少ない部類であるかと思います。

  ≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 02:36 │Comments(0)TrackBack(0)

他力本願過ぎる場合。

別ウインドウで開く
2016年09月24日
祈りヌコ(悲壮感)


凄まじい人に何かをお願いする極めて特殊な例が存在することは確かですが、それは実践的ではありません。

それですら凄まじい人を見つけ出して何かしらの手続をする労力が伴います。

ただ待っているという状態で大きく現実が動くのを信じるだけというのは10枚くらい買った宝くじが当たるのを待つのに等しいです。

最悪の場合、ただ待っているのは運を辺り構わずばら撒いて何もなくなります。

基本的に運というのはいくら沢山あっても行動しないとまともに使えないことが多い性質を持っています。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 01:44 │Comments(1)TrackBack(0)

創造・願望実現 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運