創造・願望実現 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

創造・願望実現

需要と供給

別ウインドウで開く
2014年07月08日
祈り猫

いわゆる引寄せのお話。

個人の引寄せの類は意図した結果を出すにおいて成功確立は低いです。

結果を出せるケースというのは沢山の条件をクリアしないと成立しません。

婚活パーティー等の全くを以って下衆な根性の掃溜めで、鼻息荒く目を血走らせた猛獣が常軌を逸した執念で臨んだところで、成功確率が極めて低いのを見ればそれは明らかです。それ以前に狩られた獲物はたまったものではありませんw

この場合は引寄せ以前にパラノイア等の疾患の領域に入っていますがね。ww

さて、引寄せというのは需要です。

じゅようですよ、ジュヨウ。

何気に商売のマーケティングに近いものがあります。
 
≫≫続きを読む≫


nirvanawave at 19:33 │Comments(0)TrackBack(0)

思い込みによる苦行

別ウインドウで開く
2014年04月15日
苦行

現実が現実化する前の段階と言うのは果てしなくテキトーです。

現実化プロセスのほとんどはあまり意味が無い。

まぁ、運ですw

そもそも運と言われているものが運の範疇なのか実力の範疇なのか怪しい。

特殊金属製のスプーンを曲げるのに消費するものが尋常じゃない体力なのか別のものなのかという議論とさほど変わらない。

曲がればいいじゃんwwwwwww

仮に、長年の努力の末に達成したことを意図も簡単にやり遂げる人が現れると

「運だ!」
「偶然だ!」
「インチキだ!」

という主張の根拠は何になるのだろう?

ただの妬みじゃないよね? 
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 01:01 │Comments(0)TrackBack(0)

選択肢の分岐点4

別ウインドウで開く
2014年03月26日
見ない言わない聞かない。

未来を方向付ける可能性は理論上は無限にあります。

また、事象が現実化する瞬間まで確定した未来と言うものも理論上は存在しません。

定めとか予言とか、そういったものには理論上は根拠が微塵も存在しません。

全くニュートラルな前提で言うと、運命じみたものに根拠はありません。

人間の意識は一瞬一瞬の選択によって未来を具現化させています。

人間がニュートラルではないオプションまみれな状態で言うところの不自由を以って「運命」とか呼んでいる訳です。

それはオプションに選択を強要されているだけのことで、実際には選択肢の本質とは関係ありません。

この「オプション」は多くの場合、選択肢の大海原の真ん中にぽつんと浮かぶ奴隷船のようなものです。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 16:48 │Comments(0)TrackBack(0)

認識が投影するもの。存在。4

別ウインドウで開く
2014年03月19日
トラのつもり


米国の理論物理学者、ロバート・ランツァ氏(ウェイク・フォレスト大学)は量子物理学を使って死後の世界の存在を証明した。 http://japanese.ruvr.ru/2013_11_17/124545491/

これは「認識」する人が誰もいなくなると「存在」しなくなる理論。

何が言いたいのか分かるわけですが、認識というもの自体は記憶というのと違って(例えば天動説とか)簡単に書き換えたり出来ないので変わりません。

「認識」が生活にどう影響しているのかというのは結構突き詰めた検証が必要なわけです。

実は、人間関係とかの場合「認識」というやつが非常に影響力があるんですが、日常的過ぎてあまり意識されません。

人間というのは自分を認識する足がかりとして、どうしても自分以外の人と認識し合うというプロセスを省いては自分を認識できません。

例えば。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 17:43 │Comments(0)TrackBack(0)

認識が作っているもの。4

別ウインドウで開く
2014年03月18日
やらせ

インドでは奇跡が起こりやすいと聞いています。

特に一昔前は尋常じゃないレベルだったようです。

ところが、インドの超能力者が日本に来ると奇跡が起こせなくなったりするようです。

これは簡単なことです。

その土地のフィールドを作っている集合意識の認識が違うからです。

これは、現実とか常識、法則と言ったものの根っこはそれほど強固ではなく、人の意識によって揺れ動く非常に不安定なものであることの証左ではないかと思います。

パソコンがソフトを認識すればソフトはその仕様を発揮し、認識出来ないもしくはエラーによって認識にズレが生じたらその仕様が発揮されないのに似ています。

現実というもの自体が人に認識されているか否かという違いで大いに変わってくる側面を持っています。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 17:23 │Comments(0)TrackBack(0)

時間というもの

別ウインドウで開く
2014年03月11日
3時間後の自分

スピリチュアルとか精神世界では「時間は幻(存在しない)」と言うフレーズを当たり前のように口にしている人がいます。

言ってる本人は何言ってるのか分かってないです。

皮肉なことに、量子物理学のほうが正確な理解に到達していると思われます。

「不思議」というのは科学で説明できないから科学の外に置かれているだけで、説明できるなら科学として扱われるというだけです。事象そのものに元から垣根はないわけですし。

スピリチュアルでは仕組みを理解していないので具体的に時間に干渉するものを作れないですが、量子物理学はそれを作る可能性としてはスピリチュアルよりも遥かに高いと思います。

これを書いている私自身、事象そのものをスピ系だとか科学的だとか区分けする発想を持ち合わせていないですけど。

時間ほど曖昧なものはないのは確かです。

時間の尺度は地球の自転とか星の運行しかないわけで、時間そのものを測る物差しは存在していないわけですから。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 15:38 │Comments(0)TrackBack(0)

可能性を開く5

別ウインドウで開く
2013年08月13日
天啓

可能性は常に存在しています。

可能性を閉ざされていると思うのは自分自身です。

閉ざされているという認識はどこまでも錯覚だということを潜在意識は知っています。

「可能性を知る者」は「これが自分と認識している私」を見守っています。

それは私自身であり全てです。

ここまではその辺にある教科書どおり。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 01:59 │Comments(0)TrackBack(0)

創造・願望実現 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運