マインドハッキング : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

マインドハッキング

観る力5

別ウインドウで開く
2013年01月08日
パスワード

見ない力の対極は観る力です。

達観の力とも言えます。

しばしば、見ない力を以って宇宙の力と言われているようですが、実際には見ない力は呪術師が悪霊を操って現実を強引に動かす方法と同じです。

都合の悪いことから目を背け、問題を先送りにしつつ新たな問題を蓄積し続ける未来の無い生き方に例えられます。

これに対し、観る力は極限まで物事の本質を見抜くことで、真に宇宙の力を発動させるアクセスコードを取得した力と言えます。

ありのままを見つめ、問題を先送りにせずに最善の選択をする調和した未来のある生き方に例えられます。
 
≫≫続きを読む≫


nirvanawave at 00:00 │Comments(2)TrackBack(0)

寝ても覚めても夢の中5

別ウインドウで開く
2012年12月28日
アヘ顔なサル

寝ている間、夢の中で夢と気付くことは滅多にないと思います。

気付くのが普通という人も中にはいると思いますが、極めて少数派なのではないかと思います。

では、起きている時、現実にある真実を本当に見抜いている人はどれだけいるのか。

自分が今、どのような中に存在し、何を見つめ、何を感じ、どう理解し、どう判断し、何を選択しているのか。

本当に確かめたわけでもないことを漠然と信じて生きることで自分自身を保っているだけではないのか。

信じてきたことを本当に確かめた時、果たして信じたとおりの真実が存在しているだろうか。


夢の中で夢と気付けないのと、現実の中で真実と違う信念を妄想だと気付けないのと、一体何が違うというのだろう?


何も変わらない。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 20:53 │Comments(0)TrackBack(0)

うそつき4

別ウインドウで開く
2012年12月26日
うざくない

ウソは人にどんな影響を与えるか? 健康のコツは正直でいること
http://www.lifehacker.jp/2012/12/121223lying.html

以上のリンクには嘘をつくと健康にマイナスになるというとある研究内容が書かれています。

嘘にもいろいろありますが、本意でないことを無理矢理強いられればそりゃ胃も痛くなるというもので、ごもっともでございます。

確かに正直な人は元気で若々しい人が多いです。

正直でいることが人間関係での軋轢を生み、かえってストレスで体を壊すというパターンもあるわけで、社会の問題なのか、本人の度量の問題なのか、いずれにせよ、正直者が報われないというのは不幸なことだろうと思います。

世の中、ある意味において、いかにうまく偽るかについてのノウハウはいくらでも見出せますが、いかに正直に世の中を渡っていくかについてのノウハウを見出すのは物凄く大変なように思います。

ま、世の中なんてそんなもんです。 w
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 20:23 │Comments(0)TrackBack(0)

哲学を感じた。

別ウインドウで開く
2012年12月22日
凸ゴリラ


【どうにでもなれ】2012年12月21日は滅亡の日! 仕事も人間関係もクソくらえ! 仕事やめて酒飲んで酔いつぶれてみた

http://rocketnews24.com/2012/12/21/278996/

馬鹿げているけどとても幸せな気分になった。


人はあらゆる制限を解いた時、本当の人生を出発することができるのかもしれない。

真に幸せな気分を感じられて初めて見出せる知恵がある。


そんな気がしてならない。



本来の意味にちなんで

Happy New Cycle!

nirvanawave at 00:12 │Comments(0)TrackBack(0)

常人が強くなるということ

別ウインドウで開く
2012年11月09日
気を確かに

タイムリーなところで

常人は感情を完全に切り捨ててコンピューターのような正確さで現実を手際よく処理し切ることは出来ません。

だからこそ「人間」です。

一方、人の心を持たない輩はそれが出来る。

感情を持っていないというほうが正しいかもしれない。

人の皮を被った悪魔というべき存在は実に存在します。

その「悪魔」は必ずしも悪そうには見えません。

むしろ、良い人にすら思える皮を持っています。

そして、その頭脳は平均以上の高さであることが多いようです。

ここで問題があります。

現実を見る限り、「人間」は弱すぎるということです。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 01:48 │Comments(0)TrackBack(0)

論理と感情の狭間

別ウインドウで開く
2012年11月07日
騙されやすいのね

脳は他者への共感と分析的思考を両立できない
http://science.slashdot.jp/story/12/11/06/041257/

当ブログで度々リンクしているエナジーバンパイアの事例を見ると、感情論から共感を引っ張ろうとする「手法」が散見されるのは、こういった脳の仕組みを本能的に悪用しているって事なんですね。

エナジーバンパイア云々を抜きにしても、狡猾に人を利用するのがうまい人は大体これ。

感情論というか、ナァナァというか、妙な方向に話がそれて、大事な話が出来ていないような気がする時は決まって論理的思考がまともに働いてない。

相手の 判断能力を失わせて自分に有利に物事を引っ張ろうとする人たちはこの辺をよくわきまえている。

変に持ち上げる接待的なものとか、美人局的なものとか、ぜんぜん珍しくもないよくある話ではありますが。

これには計算ずくも本能も両方の使い手がいるわけで。

「さっき話していた自分」と「落ち着いて状況を分析している時の自分」がまるで別人のように感じることがあるのはこのことだったのね。(笑)

この仕組みを今日始めて論理的に考えているわけですが、割と自然に対処していたらしい。

って、振り返ると結構危ない橋渡ってたかもしれない。(笑)
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 14:15 │Comments(0)TrackBack(0)

猛獣の経絡秘孔

別ウインドウで開く
2012年10月14日
懺悔拳

肉体的アタックであれ精神的アタックであれ、いろんな意味で常軌を逸した猛獣のような人が牙をむいて襲い掛かってくることがあれば恐怖や不安に駆られて動揺することでしょう。

あまりにも平和ボケ羊している人は思考が停止したまま何も出来ずに餌食になってしまうこともあるかもしれません。

この国はかつて、国民総中流時代というのがあって平和が水みたいにあるのが当たり前な「セ●ム?なにそれ?それどこの貴族?」な時代でした。

その常識が通用しない殺伐とした「生きてて楽しい?」な時代になったもんだと昭和のオッサンは思うわけです。

今やセ●ムのシールなんてぜんぜん珍しくもありません。

突発的なヒャッハー!から身を守るのは自分。(もちろん丸腰で)

Wellcome to this crazy Time ♪ (Wellcomeされたくないですけど)

だからといってケンシロウはいません。

というか、その代わりは何やってんだ?(いろんな意味で)
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 00:06 │Comments(0)TrackBack(0)

マインドハッキング : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運