善と悪 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

善と悪

よいこのぜんとあく

別ウインドウで開く
2016年06月05日
こまねこ



よいこがしんじるぜんとあくはうそばっかりでぇす。

今日は世間が忌み嫌うところの怨念を例に挙げてこれを説明しよう。

世の中には恨みを起点として格闘技を習ったりするハングリー精神溢れる努力家がいたりします。

気付いたらやたらと強くなって、富も名声も得て「恨み?そんなことあったけ?」な人もたまにいますね。

格闘技の部分が金儲けというのに置き換わったり、その他のものでもなんでも、結果的にハッピーになる方々というのはたまにいます。

思うわけです。

やたらと怨念を悪と定義することに執心する方々の言っていることは胡散臭いと。
 
≫≫続きを読む≫


nirvanawave at 16:49 │Comments(0)TrackBack(0)

無知の庵(いおり)

別ウインドウで開く
2015年03月01日
見ざる言わざる聞かざる


人間が生まれる目的があるとするなら、

進歩し続けるということだけは確実にあるように思います。

純粋無垢で無知だけどより良い未来を信じるということには限界があります。

究極的な純粋性によるところの類稀な力を持った子供でも手に負えないものが沢山あるように。

「知らなかった」

「分からない」

これは免罪符になり得るだろうか?
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 15:02 │Comments(0)TrackBack(0)

過失割合の査定

別ウインドウで開く
2015年02月25日
とりあえず死刑にしてみた


ふと、地獄少女というアニメをチラ観してみました。

そこで描かれている基本パターンは「極めて霊的なサイト」へのアクセスを成功させて「依頼」すると地獄少女がターゲットを地獄に送るというやつです。

そして、依頼者が支払う対価は死後に地獄に行くことを決定付けられるという固定取引。

いわゆる亥の刻参り的な呪詛のルールに準ずる物語の設定と言ったところ。

この世の交通事故ですら過失割合の査定がシビアだっていうのにイージー過ぎると思いましたが、そこはアニメの世界観。

この「善悪の査定」というやつは神の領域というか、時空を超越し複数の世界線すら又にかける高度に意識と文明が発達した宇宙人にしか分からない?
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 17:00 │Comments(0)TrackBack(0)

Work file #1 毒親対策

別ウインドウで開く
2014年12月22日
汚物は消毒


開発に興じてブログがおろそかになってましたが、その間もそれなりに仕事もこなしてました。

毒親を何とかして欲しいという案件をガッツリ対処してみたりもありました。

少々手間取ったのですが、今後の効率化に非常に参考になったのでそれはそれで勉強にもなった案件でした。

「情けは人の為ならず」なんて言葉がありますが、「情け絶対厳禁」という種類のヒトがいるもので、この毒親がそれだったというわけですが。

「ダメ!ぜったい!」
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 01:26 │Comments(0)TrackBack(0)

魂を持たない人たち(まとめ)5

別ウインドウで開く
2014年03月07日
なに?

の続き

このシリーズを読んだ方には

「そういえば...」

と、悔しい思いが沸々と沸いている方もいるかもしれません。

信じるべきではない無魂人に期待し、賭けたものが大きければ大きいほど計り知れない思いが沸くかもしれません。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 00:00 │Comments(0)TrackBack(0)

魂を持たない人たち 7

別ウインドウで開く
2014年03月06日
狐


の続き

魂...そのように言われている意識領域...これは消すことが不可能な領域。

そして、融通の利かない領域。

存在の根拠というべき領域です。

生まれる前から伏線が存在しているように意識の中心に絶対的に鎮座する人間の存在そのもの。

アイデンティティーの根源。

人間は根源的アイデンティティーを否定して生き続けることは出来ません。

人は様々な事情の中で周囲に同調しなくてはならない時が沢山あります。

しかし、どんな時も、"存在" は ”存在” の求めるところに向かおうとします。

求めていない同調を強要することが不可能なのが "存在" ...魂です。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 17:21 │Comments(0)TrackBack(0)

魂を持たない人たち 65

別ウインドウで開く
2014年02月23日
胸糞


の続き

有魂人と無魂人では本能的に倫理観が違います。

それぞれに根拠があります。

しっかし、冒頭の画像は胸糞悪いですねぇ。

憎まれっ子世にはばかるなんてもんじゃない。

その憎まれっ子云々という言葉が意味するところの原因は誰も解明していない?
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 00:00 │Comments(0)TrackBack(0)

善と悪 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運