恐怖・不安 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

恐怖・不安

奴隷教育の弊害

別ウインドウで開く
2015年11月29日
進化と退化


極度に断れない症状
http://matomecup.com/blog-entry-16046.html

こんなのが存在するとしたらこの国は何かが終わってます。

おそらくは親による意志を否定する教育の結果と思われます。

これは壊れてます。

とても分かりやすく症状が出てますが、分かりにくい形で同じ症状を持った人が増えているということを表していると思います。

もはや国民病です。
 
≫≫続きを読む≫


nirvanawave at 20:56 │Comments(0)TrackBack(0)

「心配」の種類

別ウインドウで開く
2015年07月19日
これじゃない


「心配」 とは心を配るということに相違ありません。

何に対してどういった心を配るのかによってその本質は様々あり、それらの格差は天地の開きにもなります。

また、心配の種類によっては期待しているものとは全く逆にしか働かないものもあります。

少なくとも、「あなたの為を思って」 は信用してはいけないw
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 14:31 │Comments(0)TrackBack(0)

無知の庵(いおり)

別ウインドウで開く
2015年03月01日
見ざる言わざる聞かざる


人間が生まれる目的があるとするなら、

進歩し続けるということだけは確実にあるように思います。

純粋無垢で無知だけどより良い未来を信じるということには限界があります。

究極的な純粋性によるところの類稀な力を持った子供でも手に負えないものが沢山あるように。

「知らなかった」

「分からない」

これは免罪符になり得るだろうか?
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 15:02 │Comments(0)TrackBack(0)

恐怖を消滅させる知識5

別ウインドウで開く
2013年08月15日
恐竜と人間

大の大人が恐怖や不安でガクガクと身を震わせるようなものが世の中に実に沢山あります。

その多くは無知から来る恐怖が大部分といっても過言ではありません。

なぜそのようなことが言い切れるのか?

そういった恐怖を大いに刻み付けているものというのは、一般的な...教養、知識、情報、常識、概念、通例、等の範囲外のものであることが多いからです。

そういった一般的な感覚からすると、無いことになっている現実は確かに存在し、確実に社会に大きな影響を及ぼしているのです。

「分からない」というだけで恐れるというのはちと幼稚というものです。

それらは

「知ってみれば他愛もない」

です。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 22:04 │Comments(0)TrackBack(0)

恐怖を制する者

別ウインドウで開く
2013年02月18日
漫画太郎画伯作

人はそれぞれ、固有の恐怖心を持っています。

トラウマであったり、ジンクスであったり、失敗による自信喪失であったり、いろいろあります。

いずれにせよ、恐怖という概念を受け入れた時点からそれが始まっています。

人は恐怖を刺激される時、多かれ少なかれ正気を失います。

それは恐怖によって容易く支配される極めて脆い状態とも言えます。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 18:50 │Comments(0)TrackBack(0)

インナーチャイルド

別ウインドウで開く
2012年10月23日
fuck you

大人であるのに子供の状態のままの感情が心の中に閉じ込められている。

「いつまでも少年の心を持っている」というのとは違います。

インナーチャイルドとは部分的に心の成長が止まる事を指しています。

その多くは、幼少期のトラウマや抑圧、虐待やネグレスト、刷り込み、などによって生じます。

当ブログでは大人が大人として見ている世界もバーチャルのようなものと認識しており、インナーチャイルドもこのバーチャルの一形態と考えています。

いずれにせよ幻のようなものとの認識です。

「インナーチャイルドを癒す」と称して感情を開放するのはいいとして、それ自体が目的の馴れ合いのようなことを延々と続けているものも多いように思います。

いつになったらインナーチャイルドが大人になるのかもよく分かりません。

本格的なカウンセリングではそれなりに実績があり、とりあえず社会的に適合することは可能です。

いずれにせよ多くの時間を要することであり、意識のバーチャルな域を出ないように思います。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 13:21 │Comments(0)TrackBack(0)

猛獣の経絡秘孔

別ウインドウで開く
2012年10月14日
懺悔拳

肉体的アタックであれ精神的アタックであれ、いろんな意味で常軌を逸した猛獣のような人が牙をむいて襲い掛かってくることがあれば恐怖や不安に駆られて動揺することでしょう。

あまりにも平和ボケ羊している人は思考が停止したまま何も出来ずに餌食になってしまうこともあるかもしれません。

この国はかつて、国民総中流時代というのがあって平和が水みたいにあるのが当たり前な「セ●ム?なにそれ?それどこの貴族?」な時代でした。

その常識が通用しない殺伐とした「生きてて楽しい?」な時代になったもんだと昭和のオッサンは思うわけです。

今やセ●ムのシールなんてぜんぜん珍しくもありません。

突発的なヒャッハー!から身を守るのは自分。(もちろん丸腰で)

Wellcome to this crazy Time ♪ (Wellcomeされたくないですけど)

だからといってケンシロウはいません。

というか、その代わりは何やってんだ?(いろんな意味で)
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 00:06 │Comments(0)TrackBack(0)

恐怖・不安 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運