恐怖・不安 : 波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運

波動壁紙  ゼロ磁場・波動調整器  波動セラミック

恐怖・不安

薄情と思われたくない人

別ウインドウで開く
2017年06月14日
ハッピーセット



【詰み】ブス「未経験のまま死にたくない!お願い!抱いて!」俺(目を瞑って終わらせよ…)→2ヵ月後・・・ http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/51482998.html



↑ 善良を選択しているつもりの最悪なタイプ(単なる欺瞞の塊)ですね。

状況に流されるだけで意志も中身もない。

こういう奴が将来的に周囲に不幸を撒き散らすんです。

己の選択に責任を取る気もなく、人の顔色ばかり気にしてその場に流されまくり人に悪く思われないように取り繕うだけの生き方が何になる?

保身だけを心配する連中と何が違う?

たとえ目の前の人を傷付けたとしても自分の意志を誤魔化さないというのは不幸を最小限にする道なんだ。

むしろ、意志を持って生きるというのは対極的に良い事だ。


関連:

いい人()
 


nirvanawave at 00:14 │Comments(0)TrackBack(0)

いい人()

別ウインドウで開く
2017年06月13日
私も全く同じ考え

いわゆる、

事なかれ主義ぃ〜〜〜wwwwwwww

リスクを恐れ過ぎた選択の果てに底なしにつまらなくなり、有り得ないほど存在が薄くなるというリスクを伴うw

結局リスクを避けることが出来てないw

本質が事なかれ主義なので恐れ避けているリスクそのものは長い目で見るとリスクしかない「いい人」もいます。

生涯を通じて平穏かどうかは個々の運次第。

というか、この国そのものが事なかれ主義の巣窟なので個人の運に関係なく巨大な膿がどうしようもないところまで来てるんですけど?
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 19:24 │Comments(0)TrackBack(0)

進まずば屍。

別ウインドウで開く
2017年06月11日
人間生きるには何かしら決断し続けなければならない。

たとえ先が見えなかったとしても。

先人たちの勇気ある行動が新たな領域を切開いてきました。

無駄な情報と浅知恵でリスクだけを悩み屁理屈を捏ね後ろ向きなことばかり言っている人たちを無視した人たちがいたからこそ切開かれた領域があります。

たとえ千回失敗したとしても、一つの大きな成功を果たす人間は失敗を嗤う大量の有象無象よりも遥かに価値があると考えます。

悩むだけで先に進まないというのは止まった時間の中で同じことをループするだけの屍です。

自殺の名所では自殺者の霊が延々と自殺を繰り返すと言う。理論的には正しいと言える。生きている人間が同じような行動パターンに陥り、時間が止まったように前進しないまま人生を終えるということはそれほど珍しくないことからして、死んで魂が残っても同じだろうと。

「希望」とは掴みどころのないギャンブルのようなものですが、希望の根拠を察知しそれを現実のものとした時点からそれは現実です。

  ≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 16:23 │Comments(0)TrackBack(0)

奴隷教育の弊害

別ウインドウで開く
2015年11月29日
進化と退化


極度に断れない症状
http://matomecup.com/blog-entry-16046.html

こんなのが存在するとしたらこの国は何かが終わってます。

おそらくは親による意志を否定する教育の結果と思われます。

これは壊れてます。

とても分かりやすく症状が出てますが、分かりにくい形で同じ症状を持った人が増えているということを表していると思います。

もはや国民病です。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 20:56 │Comments(0)TrackBack(0)

「心配」の種類

別ウインドウで開く
2015年07月19日
これじゃない


「心配」 とは心を配るということに相違ありません。

何に対してどういった心を配るのかによってその本質は様々あり、それらの格差は天地の開きにもなります。

また、心配の種類によっては期待しているものとは全く逆にしか働かないものもあります。

少なくとも、「あなたの為を思って」 は信用してはいけないw
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 14:31 │Comments(0)TrackBack(0)

無知の庵(いおり)

別ウインドウで開く
2015年03月01日
見ざる言わざる聞かざる


人間が生まれる目的があるとするなら、

進歩し続けるということだけは確実にあるように思います。

純粋無垢で無知だけどより良い未来を信じるということには限界があります。

究極的な純粋性によるところの類稀な力を持った子供でも手に負えないものが沢山あるように。

「知らなかった」

「分からない」

これは免罪符になり得るだろうか?
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 15:02 │Comments(0)TrackBack(0)

恐怖を消滅させる知識5

別ウインドウで開く
2013年08月15日
恐竜と人間

大の大人が恐怖や不安でガクガクと身を震わせるようなものが世の中に実に沢山あります。

その多くは無知から来る恐怖が大部分といっても過言ではありません。

なぜそのようなことが言い切れるのか?

そういった恐怖を大いに刻み付けているものというのは、一般的な...教養、知識、情報、常識、概念、通例、等の範囲外のものであることが多いからです。

そういった一般的な感覚からすると、無いことになっている現実は確かに存在し、確実に社会に大きな影響を及ぼしているのです。

「分からない」というだけで恐れるというのはちと幼稚というものです。

それらは

「知ってみれば他愛もない」

です。
 
≫≫続きを読む≫

nirvanawave at 22:04 │Comments(0)TrackBack(0)

恐怖・不安 : NIRVANAWAVE ニルヴァーナの波
波動で遊ぶブログ : ゼロ磁場・波動・壁紙画像・潜在意識・開運・金運・仕事運・恋愛運・家庭運